森と人を愛する足助きこり塾の活動と森トピアの様子を伝えます。

7月9日 きこり大工塾 開校!

9日の参加者は、受講生8人+稲垣、松ちゃん、飼沼さん、小山さん、たまさん、カリマツさん、桃子さん、やっさん、ニワケンでした。

 

あいにくの雨でしたが、思いのほか進んだ感じです。

午前中は全員集合してきこり塾のこと、すーさんのこと、ゴンさんのこと、大工塾の趣旨を話し、中村棟梁と弟子の星野さん(27歳)から全員の自己紹介と進みました


 

まず、製材機を動かして梁材4本を製材、船頭が多くて飼沼製材部長が辟易としていました(笑)。

4本を順次学舎に持ち込み、墨付け、ホゾ切り実習でした。ノミが基本ですが、途中でカクノミ機やホゾキリ機が出てきて、テノコで汗だく間伐実習をしていたら途中でチ ェーンソーが出てきてスカスカ伐られたときの感覚と似たものがありました(笑)。

 

 

 

                    

スーさんと松ちゃんが用意した9mのけた材もきれいに製材できました。

雨の中全員でヨイショヨイショと木を運ぶのが一体感があってよかったです。

モモコさん手作りトン汁での楽しいランチも30分で切り上げて午後も同様の作業。

 

午後からはだいぶ見通しがついたので、きこり塾スタッフはテントの下でピザ窯土台作りにシフト。

モモコさんとカリマツさんの絶妙の掛け合いを横目で見ながら松ちゃんの宇井さん受け売り一夜漬けレンガ積み指導を聞くふりをしながら皆勝手にレンガ積み。

 

 

 

16時過ぎに今日の振り返りと棟梁から次回の説明を受けてお開き

でも、 愉しそうなレンガ積みへの参加者も多く「土台ができるまできこり塾は帰らない」宣言のもと頑張る。

前半飛ばし過ぎたタマさんやっさんモモコさんのペースダウンを尻目に小山さん、カリマツさんはマイペース、松ちゃんは東奔西走獅子奮迅!

18時上面のコンクリート打ちができて完成と歓声!記念写真パチリの後解散。ふ〜。

今日の奴隷労働にはモーゼは現れなかった。

 

 

 

船頭過多のなか製材を仕切った飼沼さんが一番苦労だったけど、きっと一番学んだと思う。

宇井さんの欠席が気にかかり、「6分は疲労、4分は松ちゃん育成のため」とみんな勝手に推測。

今日電話お見舞いをしたら「8分と2分」のようす、ご無事でした。

 

次回は 17−18日にピザ窯本体づくり、23日?火入れとお試し、24日が本番ということになります。

17日には安藤さんに指導に来ていただきます。

 

春には妄想だった製材小屋とピザ窯、奴隷労働の悪夢を経て、正夢になりつつあります!!

 

(by ニワケン)


関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 鳥川モデル林キックオフ
    ヤス

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM