森と人を愛する足助きこり塾の活動と森トピアの様子を伝えます。

28年11月12日 定例会

11月12日の定例会は、大工塾の皆さんと、新製材小屋の胴縁と波板打ちの作業がメインとなりました。

それから、ゲストとして、北海道からの森林ボランティアの大竹さんが参加してくれました。

 

製材小屋の作業は、前回までに垂木までの作業が終わり、残すところ胴縁と波板。

何とか1日で終わりたいところ。

 

まずは、胴縁打ち。インパクトで65ミリのビスを打ち込み。材の厚さに結構ばらつきがあったけど、それもご愛敬。そのまま打ち付けました。そのあと、屋根の中央から順番に波板をセットし、力加減に注意しながら打ち付けていきました。

 

  

 

母屋の軒下付近はスペースが狭く、うまく力が入れらずに悪戦苦闘。

交代しながらの作業でした。

 

波板を3分の2ほど打ち付けたところで、時間切れ。

残りは、次回の定例会で。

 

ゲストの大竹さんは、きこり塾のメンバーが森を案内。アマチュアの森での間伐、集材作業を行ったようです。

 

 

 

香嵐渓では、そろそろ紅葉が見ごろになるころ。

秋の深まった森とぴあでも、とっても気持ちいい一日が過ごせました。

(ももこさんのトン汁もおいしかったです(^^)/)

 

 

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 鳥川モデル林キックオフ
    ヤス

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM