森と人を愛する足助きこり塾の活動と森トピアの様子を伝えます。

29年2月26日定例会

本日の参加者

到着順で、小山、丹羽、たま、飼沼、かりまつ、モモコ、宇井、藤倉、小川、そしてお昼にスーさん。
藤倉さんに連絡するか迷っていたらひょっこり藤倉さんが!
ちょうどゴンさんが初めて来た時みたい。

 

 

 

アマ森の間伐残し伐採組(小山、たま、飼沼、藤倉)とプレーナーさび落としチューンナップ組(宇井、カリマツ、あとで小川)と、
ぶらぶら火の当番(桃子、丹羽)
の3班体制に分かれてそれぞれに。

藤倉さんはずーっと大工塾のために奥に入ったことがなかったので丹羽とモモコがブランコから雑木林を案内してアマモリへ。
そこで本体と合流し間伐。


学舎に戻ると、宇井、カリマツに加えて 小川組がさび落としに集中!お昼には鏡のようにピカピカに。

 

桃子さんはトン汁、丹羽はピザ造りで火の番。

 

12時頃スーさんが立ち寄り、測量図を手渡し、「選木がイマイチだったな」と一言指摘、グサリ。

 

 

12:40、間伐班が戻ってきて食事。
森女とか、森寿とか、森の幼稚園ならぬ「森の養老園」構想が妙に現実味。
稲垣さんは奥さんを、丹羽は義母を、タマさんは実母を連れてくるとモモコさんが介護してくれるとか、
そのままユースに置いてけぼりとか、南極物語のタローとジローだとかめちゃくちゃの話に…。

 

話の弾みで藤倉さんが塾生に正式加入。
やったー! 元大工さんで心強いな!
いつものように必要な人は必要な時に突如現れる。

 

飼沼さんから「デ ンスケ」による日程調整試行の提案。

石窯の続きにかまどの話が進行中。 ほかあれこれ。
丹羽は早退。(ニワケン)

-------------------------------------------------------------
定例会の報告その2です。
  
午後は間伐組は、午前伐採したものの玉切りと片づけで、
3時に戻ると、小屋は既に掃き清められていて、かりまつさんと小川さんの万歩計競争?
の成果を聞いたりして、無事終了しました。

 

プレーナーを見たら、ピカピカに光っていて、見た瞬間に「蘇った!」と今日初めて実感が湧きました。
眠っていた昔の機械が、たくさんの人の智慧や技術や想いでこうして息を吹き返すことに
なんだかジーンときました。

 

 


 
一方、
山仕事の方は、私自身全く身体が動かず、運動不足と体力低下を実感。
いつもなら、頭で描いた通りに身体が動かないことに、もどかしさや反省もあるところですが、
今日は頭も働かなかったので、おかげでストレスもなく終われました。
 
まだまだ間伐する木がたくさんありますし、
今年は、自分たちで楽しむ一年にしよう!と盛り上がってます。
今日来られなかったみなさん、また森トピアで会いましょう!
 (タマ)
 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 鳥川モデル林キックオフ
    ヤス

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM